【Photoshop CC 2019】格子柄のパターンを作る方法

カッコいいヘッダー画像を作りたい

頭の中でイメージは出来上がっているけれど、それを表現するためのスキルがまだまだ足りない私。沢山デザインの本を読んでもやっぱり手を動かさなければ「出来ること」は増えていかないのだとしみじみを感じています。

全部いっきにやろうとすると何から手を付けたらよいのか分からないので、まずは格子柄のパターンを作って使える様になるところから始めようと思います。

格子柄のパターンの作り方

1.初めに、ドキュメントを新規作成します。作りたい格子型の大きさを合わせて幅と高さを設定します。今回は幅・高さともに30ピクセルにしました。

2.小さな□が表示されていると思いますので、それを全選択します。

3.[編集]→[境界線を描く]を選択します。

4.表示される子画面[境界線]で、今回は境界線の幅を1ピクセル、色は#949494、位置を内側に設定してOKをクリックします。

5.もう一度全選択します。

6. [編集]→[パターンを定義]を選択します。

7.表示される子画面[パターン名]で、登録するパターンの名前を入力して、OKをクリックします。

パターンの定義はこれでお終いです。初めて登録した時は、あっけなくて本当に登録されているのかなと不安でした。

次からは登録したパターンを使うための手順になります。

定義したパターンを使う方法

1.ドキュメントを新規作成します。今回はヘッダー画像と同じ大きさにしてみました。

2.[ツール]から[塗りつぶしツール]を選択します。

3.[パターン]を選択します。

4.さっき定義したパターンを選択します。リスト(大)表示の方が見やすくていいですね!!

5.塗りつぶします。

6.このままだと背景が白なので、もうひと手間かけます。[レイヤー]の隣のタブの[チャンネル]をクリックします。

7.さらに下にある[チャンネルを選択範囲として読み込む]をクリックします。破線の◯のところですね。

8.全選択状態になりますので、ここでキーボードの[Deleteキー]を押します。

分かり辛いかと思いますのが、格子柄だけ残って背景は消えています。

やる気になれば、そんなに大変じゃないパターン定義の追加。これからも活用していきたいと思います。もっと効率の良いやり方などあればぜひぜひ教えてください。

参考にさせていただいたサイト

スポンサーリンク
レタリング(大)
レタリング(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)